袋井市ネイルサロンmanaのネイリスト紹介

袋井市ネイルサロンmanaの石川 麻奈実のプロフィール

はじめまして♪ 袋井市のプライベートサロン マナのネイリスト、石川 麻奈実と申します!

どんなネイリストが施術してくれるのか、不安な方も多いと思いますので、ちょっとした自己紹介をさせていただきます!

 

石川 麻奈実(いしかわ まなみ)

IMG_4348 のコピー

  • 1984年 9月22日生まれの乙女座
  • 静岡県 袋井市出身
  • A型
  • 左利き

 

好きなもの・好きなこと・好きな言葉

ネイル・歌う・晩酌・犬・青空・星・マンガ・お笑い・お昼寝・日曜大工・旅行

特技:身近な人のモノマネ・寒いギャグ・妄想(笑)

  • 「今日という日は、残りの人生の最初の一日」
  • 「安全な道をとるか、危険な道をとるか、迷ったら危険な道を選べ」
  • 「諦めたらそこで試合終了ですよ」

 

幼少期

3歳の頃、腸重積になり、あと少し病院に行くのが遅れれば命が危なかったそう。

その後は元気いっぱい、踊る・歌う・お絵描き・おままごとが好きで、いつも3才上の姉の後ろにくっついて遊んでいた幼少期でした。

幼稚園では足の不自由なお友達の手助けを進んでしていました。

"人の役に立つ事がしたい"という想いが、この頃からあったのかもしれません。

11653979_10152906714446570_1124736152_o のコピー

 

小学校

運動は苦手でしたが、勉強は母に言われる前にやるようにし、テストで良い点をとると、父にこっそりとおこずかいをもらうという、要領のいい子でした(笑)

この頃、母の化粧品をこっそり使って、姉とヘアアレンジ、メイク、浴衣を着るなど見よう見まねで遊んでいました。マニキュアを初めて塗ったのもこの頃。

男爪がコンプレックスな私は、「爪がキレイに見える!!」とネイルのすごさに感動したこと、今でも忘れません。

小学3年生の時、すごく仲の良かった友達を病気で亡くしました。

その時、私は“その友達の分まで、2人分を生きよう!”そう誓いました。それ以来、辛いことがあっても、友達のことを思うと、平気で乗り越えられました。

「生きていることが当たり前だと思わず、生かされていることを、無駄にしてはいけない!」そう思いながら、日々を過ごしています。

強い自分になれたのは、その友達のおかげです。

11640529_10152906714506570_486664670_o のコピー

 

中学校

昔から絵を書くのは好きでしたが、絵や作文で賞をもらい、より好き&自信がつきました。

2年生の時、学級委員に立候補“内申を上げるため”という用意周到な子供でした(笑)

そして、3年生の時は合唱コンクールの実行委員となり、毎日練習を熱心にしていました。

ある日、男子がちゃんと歌ってくれない事が、悔しくてクラス全員の前で泣きながら訴えたことが・・・

でも、そのおかげでグランプリを穫ることができ、クラスの団結が強まりました。

目標に向かって突き進むタイプなのは、昔から変わらないようです(笑)

アムラー時代だったため、まゆ毛を細くしたり。休日には自作ネイルチップを付けて出かけたり・・・ファッションにも凝り出し、髪型もネイルも自由にできる、大人に早くなりたい!と思っていました。

この頃、すでに「ネイリストになりたい」という夢をもっていました。

しかし、尊敬する塾の先生から「好きな事を仕事にするのは“好き”なだけではやっていけない。嫌いになってしまうこともあるんだよ」と言われ、悩んだのを覚えています。

o0800055613406294011

 

高校

県内唯一の総合学科に入学。何を隠そう「制服のカワイさ」で選びました(笑)

普通の授業もありましたが、農業・商業なども多く、お茶っ葉を作ったり、野菜を作ったり、茶道の授業も!

また選択科目では迷わず美術を選択。油絵を書いたり、浴衣のデザイン画をエアブラシで作ったり、楽しい授業でいろんな経験ができ、今のネイルの仕事にも活かせています。何より大学のように移動授業がほとんどだったため、たくさんの友達ができ、、毎日笑って過ごしていました。

11653927_10152906714476570_508050050_o のコピー

この頃はなんと、独学でジェルやスカルプチュアにチャレンジ!

しかしネットで買ったキットに入っていた説明書は全て英語!!普段開かない辞書で、必死に調べて訳した事、今思うとよくやったなぁ~と自分でも感心します。

「好きな事なら苦にならない」

こんな性格みたいです(笑)

11660099_10152906714451570_339717506_o のコピー

 

就職

ネイルの専門学校に行こうか迷いましたが、高校卒業後は保険会社の代理店へ就職。

会社では事務として、デスクワーク。損保・生保共に全く知らない世界でしたが、入社1年ほどで、パソコンが得意だったこともあり、所長から逆に、「これ教えて」と聞かれる立場に・・・(笑)

アットホームな会社で子供のように可愛がっていただきました。

しかし、ネイリストという夢を諦めきれず、上京しようと決めました。

会社が終わった後は上京資金を貯めるために本屋さんでアルバイトという二重生活。

ハードワークでしたが、全く苦ではなく、むしろ楽しかったです。

 

ネイル専門学校

会社を退職し、20才で東京に上京。一人暮らし自体初めてだったので、最初の頃はホームシックで泣きました(笑)

働きながら週2日のスクール、帰ったら練習!!という日々。

しかし、念願のネイルスクールで、大好きなネイルを学べる毎日は本当に楽しくて仕方ありませんでした。

在学中、海外研修でロスに!!

コンテストに出場したのですが、日本とは異なる雰囲気で緊張せず、ノリノリな音楽に合わせて楽しんでやったら、スチューデント部門で1位に!!

出場者も少なかったのですが、トロフィーももらえ嬉しかったです。

その他にも、メイクコースの卒業生のモデルとなり、誰か分からない位、濃いメイクをしてもらったり、教科書のハンドモデルになったり・・・

ネイルはもちろん、人としても成長できた1年でした。

11649228_10152906714481570_2091448133_o のコピー

 

東京で就職

スクールの校長先生にお誘いいただき、スクール直営のサロンに就職し、日本橋店に勤務。

優しい先輩方の堂々とした姿に憧れると共に、思うように出来ない自分が悔しくて必死に練習を続ける日々。

スタッフみんな仲良しで職場は楽しかったのですが、毎日、満員電車で1時間以上かかる通勤が、田舎者の私にはとても苦痛で。

疲れきってしまい、普段何も言わない父の「帰ってこい」の一言で、実家に戻る事に・・・

 

浜松で就職

実家に戻り、浜松の百貨店内のネイルサロンへ就職。

百貨店内のサロンだったので、敬語などの常識も身につけられました。

まだオープンしたばかりのお店だったので、店長以外は未経験者ということもあり、入社してすぐにアシスタントチーフに昇格。

大手の会社だったため、社内検定などがあり、目標に向かって走り続けた結果、2年で店長に。

この会社で手に入れたのは「根性」です(笑)

また、社長のご指導のおかげで日本ネイリスト協会認定講師という資格をとる事ができ、課長職に昇格。

名古屋で毎週講師のお仕事をしていた事で、教える楽しさも学びました。

期待されると「頑張ろう!」と思えるタイプなので、プライベートを犠牲にして日々、仕事に追われていました。

しかし忙しさに心をなくしてしまい、さらに体調まで崩れ・・・

それをきっかけに。「自分の本当にやりたい事」をしたい!!そう思い、8年お世話になった会社を辞める決意をしました。

11656141_10152906714491570_1466036281_o のコピー

 

私がマナを作った理由

ジェルネイルが普及し、「爪がキレイに見える」、「爪に強度が出て生活がしやすくなった」などと、嬉しいお言葉をいただく一方で、「爪が痛んだ」、「2~3週間でジェルが浮く」など、お悩みを抱えながらも、「補強のためにやめられない」というお声を多く耳にしてきました。

ネイルサロンに悩みを解消し、キレイになるために通っているはずが、また新たな悩みを招いている、そんな現状。

私は、お客様が悩みを自信に変えて、笑顔&元気になれる、爪の健康を一番に考えたネイルサロンを創りたい。そして、「明日からまた頑張ろう!!」と思える明日への活力となるようなネイルを提供したい。

そんな想いから、ハワイ語で“生きる力”という意味を持つ「マナ」は誕生しました。

あなたにとってマナが、笑顔と元気を補給できる存在、明日への活力となりますように。

11659940_10152906714471570_1606660826_o のコピー